ドクター

陰茎にしこりがあったらすぐに病院へ|ペロニー病は早めの治療が大切

泌尿器科で扱う主な疾患

女医

泌尿器科と聞くと、なんとなく行きにくいイメージがあるのではないでしょうか。泌尿器科で扱う疾患の中には、治療せずに放っておくと症状が重くなるものもあります。異常を感じたらすぐに埼玉の病院を受診するようにしましょう。

View Detail

ペロニー病の原因と治療法

悩む男の人

ペロニー病という病気は男性がかかる病気で、治療せずにそのままにしておくと、最悪の場合勃起しなくなり、性交ができなくなってしまう恐ろしい病気です。ペロニー病の症状はどういうものなのか詳しく見ていきたいと思います。この病気はまず、しこりができはじめます。陰茎がんと同じようなしこりなので、がんだと勘違いしてしまうこともありますが、ペロニー病のしこりはがんと違い良性です。また、勃起時に痛みがあるのも特徴の一つです。激痛というわけではなく、鈍い痛みがずっと続きます。陰茎が痛くなると性交はできなくなり、結果的に勃起しなくなってしまいます。そして、陰茎が変形するという症状が現れます。陰茎の一部が硬くなり、「くの字」に曲がってしまったり、陰茎短縮といって陰茎が短くなってしまったりすることがあります。この病気の原因は、陰茎に何らかの衝撃を受け、内出血が起こることで発症することが多いようです。ペロニー病の治療法は、症状が軽ければ、薬物療法で良くなる場合があります。まだ手術をしなければならないほど進行していないので、手術が嫌ならできるだけ早い段階で治療を始めることが大切です。すでに症状が進行していて、陰茎が曲がってしまっている場合や、陰茎が短くなってしまっている場合は、薬の服用だけでは元に戻すことはできません。手術が必要になるので、入院しなければなりません。手遅れにならないようにするためにも、変だなと思ったらすぐに病院で検査をしてもらうようにしましょう。

良い泌尿器科を選ぶポイント

診察

性病や尿路結石などの病気は、新宿の泌尿器科で早めに治療をする必要があります。良い病院、良い医師を選ぶことで治療に前向きに取り組むことができ、早期完治につながります。

View Detail

梅毒に感染する原因と予防

看護師

最近また感染者が増えつつある梅毒は、治療せずに放っておくと重篤な症状を引き起こす可能性があります。症状に気付きにくい厄介な病気なので、性病の検査は定期的に受けるようにしましょう。

View Detail